福井の家具家電付きウィークリー・マンスリーマンション

【1泊2,750円も】2人以上の旅行ならホテルよりウィークリーマンションがお得な理由

TOPICS

2人以上の旅行ならホテルよりウィークリーマンションがお得な理由

ウィークリーマンションの利用条件をみると、「2人以上の旅行なら、ホテルよりウィークリーマンションのほうがお得」と感じると思います。 「ウィークリーマンション」と聞くと、「1週間以上借りないとならない」と感じるかもしれませんが、実は1泊だけ借りることもできます。 そして「1人1泊2,750円、1人追加ごとに2,200円」という料金のウィークリーマンションもあります。

ウィークリーマンションによって条件が異なりますので、この記事では、株式会社レントバンクが運営する「福井マンスリードットコム」の条件で、その魅力をお伝えします。

01.

そもそもウィークリーマンションとは

ウィークリーマンションは元々、1週間単位で貸す賃貸マンションでした。マンスリーマンションという名称もありますが、こちらは1カ月単位で貸します。
しかし最近は、1日だけ貸し出すウィークリーマンション、マンスリーマンションが増えてきたことで、両者に違いはほとんどなくなってきています。
ウィークリーマンションは、ホテルと一般的な賃貸マンションの中間のサービスといえます。

ホテルと賃貸マンションの欠点をなくした「いいとこどり」の宿泊サービス

ウィークリーマンションは、ホテルの不便さと、賃貸マンションの不合理さを解消するために生まれました。
そのため、両者の「いいとこ取り」をしています。

ホテルは、1日単位の宿泊料金で泊れるのは便利ですが、「1日の住むコスト」として考えると相当割高です。
それは、ホテル側が、食事を用意したり、ベッドメーキングをしたり、アメニティを用意したり、おもてなしをしたりするのに多額のコストを使っているからです。

そしてホテルは「窮屈」です。宿泊客は部屋で自分で料理することはできませんし、家具もまったく足りません。家電もほとんどありません。
そして大抵のホテルの部屋は狭い造りになっています。
ホテルは、2泊くらいなら我慢できても、3泊目くらいから不便さがストレスになるはずです。
出張が多いビジネスパーソンが「仕事で外に出るのは楽しいけど、ホテル住いがつらい」とこぼすのはそのためです。

「正直、手厚いおもてなしは要らない。清潔、かつ安く、かつ便利に、かつ広い場所に泊まりたい」と感じたことがある人は少なくないでしょう。

一方、賃貸マンションの場合、敷金や礼金が発生したり、家賃の1カ月分を前納したりする必要があります。
また借りる前に、勤め先を調べられたり、年収を確認されたり、身元保証人が必要になったりします。
2年以上住まないと違約金として敷金が没収される、という契約もあります。
賃貸マンションは、年単位で住む場合は便利でリーズナブルですが、短期利用は「超」がつくほど不便で割高です。

ウィークリーマンションは、人々がホテルと賃貸マンションに感じている不満を一気に解消するために誕生しました。
もっと気軽にウィークリーマンションを使ってみましょう。
その便利さを、次の章で詳しく解説します。

02.

ウィークリーマンションがお得な理由

部屋が広くて家具・家電があるから「家」感覚で使える

人生で初めてビジネスホテルを使った日のことを覚えていますか。恐らく「狭くて驚いた」という人が大半なのではないでしょうか。

ウィークリーマンションには、窮屈さが一切ありません。それは、ウィークリーマンションが普通の賃貸マンションをベースにしているからです。
つまりウィークリーマンションは、「人が普通に暮らせる場所」を、短期の宿泊者に提供することができます。

ウィークリーマンションの魅力は居室の広さだけではありません。家具や家電がとても充実しているのです。
ウィークリーマンションに置いてあるテーブルや椅子は、一般家庭用のものです。ホテル用の小ぢんまりしたものではありません。
そのため、出張の人が快適に事務作業をすることができます。

居間があるウィークリーマンションなら、ソファーなどのダイニングセットが置かれてあります。
ソファーがあると、旅の疲れを癒すことができます。ホテルの場合、ベッドをソファー代わりにしなければなりません。
クローゼットも、ウィークリーマンションでは、最低でも単身者用のサイズを確保しています。

そしてウィークリーマンションの利用者に好評なのが、家電です。
電気ポット、エアコン、テレビ、冷蔵庫、ドライヤーまでなら、ホテルにも備え付けられていますが、ウィークリーマンションにはそれらに加えて、DVD・ブルーレイプレイヤー、洗濯機、炊飯器、掃除機、電子レンジもあります。
独身者の家並みの家電はひととおりそろっています。
旅先や出張先でこれだけの種類の家電が使えれば、まったく不便を感じないはずです。

自炊ができて便利

「旅先で料理がしたい」と思ったことはありませんか。観光地には魅力的な食材がたくさんあるので、それらを料理して夕食にしたら、旅の思い出が深まります。
ウィークリーマンションの「自炊セット」は充実しています。
キッチンがあり、シンクがあり、冷蔵庫があり、IHコンロがあり、炊飯器や電子レンジがあり、鍋やフライパンや食器がそろっているので、手の込んだ料理も可能です。

出張中のビジネスパーソンにも、ウィークリーマンションの「自炊セット」は歓迎されています。
長期の出張だと、毎晩の外食が面倒になってくることがあります。もちろん、お金もかかります。
自炊セットがあれば、パックご飯と総菜で、1コイン(500円)で営業バランスの取れた食事をすることができます。

面倒な手続きは一切なくて便利

2人以上の旅行ならホテルよりウィークリーマンションがお得な理由

ウィークリーマンションは、利用料を前払いするだけで泊ることができます。
面倒な手続きは不要で、敷金も礼金も家賃の前払いもありません。

【福井マンスリードットコム】に紹介されている物件の利用方法を例に取り、「いかに面倒でないか」証明してみましょう。

・1日利用料:2,750~3,630円/人
・利用者が1人追加されるごとに2,200円/日
・最低契約日数:1日(1日から利用可能)
・清掃料:1回ごと5,500~27,500円
・期間限定費用:440円/日(指定期間のみ)
・冬季管理費(12~3月):440円/日
(引用:https://fukuimonthly.com/list/?cm=v&id=127657

この金額を前払いするだけウィークリーマンションを借りることができます。
清掃料はホテルにはないコストで、この物件では、6日未満の利用で1回5,500円、29日未満の利用で1回11,000円、365日未満の利用で1回27,500円かかります。

SUMMARY

まとめ

ぜひ観光に使ってみましょう

ウィークリーマンションは当初、長期の出張や、受験、入院の付き添いなどの、数日から1週間程度の連泊が必要な人を想定して開発されました。
しかし、観光客にもウィークリーマンションを利用する人が増えています。
とても賢い使い方だと思います。

現代の観光は体験型がメーンになっています。
その土地にしかないもので遊んだり、地域の人と触れ合ったり、地元客がにぎわう歓楽街で飲んだり食べたりすることを楽しんでいます。
腰を落ち着けて、その土地をじっくり堪能する観光をする場合、ウィークリーマンションはホテルより適しているといえるでしょう。
特に複数人でそのような旅をする場合、ウィークリーマンションを使えば、コスパ以上の魅力が生まれるはずです。
ウィークリーマンションの「自宅感覚」は、観光地を「自分の街」にします。

福井旅行なら【福井マンスリードットコム】があります

どのようなタイプの旅行でも、ウィークリーマンションを利用すれば快適さが増すでしょう。
そして、もし福井県や福井市に訪れることがあったら、ぜひ福井マンスリードットコムで検索してみてください。
各種の条件をホテルと比べると、ウィークリーマンションのコスパのよさがわかると思います。

福井マンスリードットコム

福井の家具家電付きウィークリーマンション・マンスリーマンション情報!マンスリー+ウィークリーでのご利用も可能です。福井出張・研修の経費削減に、法人様にも大好評!寮・社宅としても安心してご利用いただけます!家具家電付きで単身赴任にも便利です。観光に通院に様々な用途でご利用いただけます。

CONTACT US

物件に関するお問い合わせや法人契約等、
お気軽にリクエスト・お問い合わせください。

お問合せフォーム