福井の家具家電付きウィークリー・マンスリーマンション

外国人がウィークリー・マンスリーマンションを借りる際に気を付けたいポイント解説

TOPICS

外国人がウィークリー・マンスリーマンションを借りる際に気を付けたいポイント解説

外国人労働者が増えています。日本は人口減少による労働者不足が深刻化していて、海外の人たちに助けてもらわなければ経済が立ち行きません。
そして最近は、日本にない技術やアイデアを「教わる」ために、外国人に日本に「来てもらう」ことも増えてきました。
その際、企業はよい条件を外国人に提示しなければなりません。

よい条件のなかには、よい住まいも含まれます。
そこで、外国人を海外から招へいする企業に、マンスリーマンションやウィークリーマンション(以下、マンスリーマンションなど)が重宝がられています。
日本人が外国人に、マンスリーマンションなどを紹介するときの注意点を紹介します。

01.

保証人について

運営会社によっては、マンスリーマンションなどを貸すときに保証人を求めることがあります。
その場合、外国人に住んでもらう場合も、保証人が必要になります。

保証人なしのマンスリーマンションなどしか使ったことがない人は、ホテル感覚で使えるところに利便性を感じているはずです。
それではなぜ、保証人を必要とするマンスリーマンションなどがあるのでしょうか。

保証人を必要とする運営会社は、不動産会社が多い傾向があります。
不動産会社は賃貸借契約を結ぶとき、借主に保証人を求めます。
その「習慣」が、マンスリーマンションなどの運営でも続いているものと考えられています。

緊急連絡先やトラブル対応のため

マンスリーマンションの利用時の保証人には、緊急連絡先や万が一のトラブルのときに対応してくれる人、という役割が期待されています。
保証人が必要なマンスリーマンションなどに外国人に住んでもらうには、その外国人を呼んだ会社の経営者や総務部長などが保証人になってはいかがでしょうか。
そして、外国人がマンスリーマンションなどの手続きをするとき、保証人も立ち会ってあげてください。
そのほうが、外国人も運営会社の担当者も安心するはずです。

02.

パーティーについて

外国人のなかには、日本人よりはるかに社交的で陽気な人がいます。
そのような外国人は、海外で働いているときでも、休日などにホームパーティーを開こうとすることがあります。

外国人が開くホームパーティーは、無礼講なことが多いでしょう。
友達の友達の友達を誘っても構いませんし、部屋を自由に出入りしてもお構いなしです。
アルコールを大量に飲んで、羽目を外してしまうかもしれませんし、大音量で音楽を掛けるかもしれません。
しかし、マンスリーマンションなどが建っている場所は「日本の住宅街」です。そのため、海外様式のホームパーティーは、近隣住民の迷惑になりかねません。
もちろん、同じことを日本人が行なっても、苦情が届きます。

住民の苦情は、マンスリーマンションなどの運営会社に行きます。
そうなると運営会社としては、「迷惑住人」として対応せざるを得ません。

外国人をマンスリーマンションなどに紹介する企業は、外国人に「ホームパーティーは開かないでください」と釘を刺しておいたほうがよいでしょう。
そのとき、ホームパーティーを禁じるのは外国人差別をしているわけではなく、海外様式の無礼講で自由闊達で大騒ぎするタイプのパーティーが問題であることを伝えてください。
そのようなタイプのパーティーは、日本人が開催しても、マンスリーマンションなどから追い出される可能性があることも説明してあげてください。

さらに、日本式の、部屋のなかで適切な人数で平穏に開催するホームパーティーなら問題が起きないことも教えてあげましょう。
また、ベランダでバーベキューをすることもNGであると教えてあげてください。

03.

自炊ができて便利

「旅先で料理がしたい」と思ったことはありませんか。
観光地には魅力的な食材がたくさんあるので、それらを料理して夕食にしたら、旅の思い出が深まります。
ウィークリーマンションの「自炊セット」は充実しています。
キッチンがあり、シンクがあり、冷蔵庫があり、IHコンロがあり、炊飯器や電子レンジがあり、鍋やフライパンや食器がそろっているので、手の込んだ料理も可能です。

出張中のビジネスパーソンにも、ウィークリーマンションの「自炊セット」は歓迎されています。
長期の出張だと、毎晩の外食が面倒になってくることがあります。もちろん、お金もかかります。
自炊セットがあれば、パックご飯と総菜で、1コイン(500円)で営業バランスの取れた食事をすることができます。

04.

日本語が話せないなら「お世話役」になって

外国人を雇用している日本企業は、社内で英語を多用しているかもしれません。その場合、外国人が日本語を話せなくても支障はありません。
しかし、日本語が話せない外国人は、マンスリーマンションなどの契約のときや、利用説明を受けるときに、苦労すると思います。
そして、外国人が、マンスリーマンションなどの利用説明をしっかり理解しておかないと、トラブルを起こしかねません。

そこで、外国人にマンスリーマンションなどを紹介する日本人は、「お世話役」を買って出てあげてはいかがでしょうか。
ホテルを利用するのであれば、日本語が話せない外国人でも、お世話役は必要ないでしょう。それは、ホテルの利用方法は、大体世界共通だからです。

しかしマンスリーマンションなどの利用方法は、日本の賃貸住宅のルールに沿っていることが多いので、外国人には難解です。
例えば、ゴミ捨ては、ゴミを分別して専用のゴミ袋に入れ、決まった曜日の決まった時間までに所定の場所に置かなければなりません。
この単純なルールでも、外国人はとまどうはずです。
しかも日本語を解さない外国人は、ゴミ出しルールが書かれた用紙を読むこともできません。

生活が軌道に乗るまでは、お世話役が定期的に「家庭訪問」してあげたほうがよいかもしれません。
マンスリーマンションなどの使い方だけでなく、日常生活にも困っているかもしれないからです。

05.

外国人にはマンスリーマンションなどがおすすめ

さて、ここまで、外国人にとって「うるさい」と感じるような注意点を紹介しましたが、日本に来る外国人には、マンスリーマンションなどがとてもおすすめです。
ぜひ彼らに、マンスリーマンションなどをおすすめしてください。

外国人がマンスリーマンションなどを使う最大のメリットは、居住コストが、ホテルに比べて格段に低いことです。
企業が外国人を海外から呼ぶには、渡航費や報酬など、多額の費用がかかります。そのうえ、国内の滞在でホテルを使うとなると、さらにお金がかかります。
また、外国人自身が国内の滞在費を負担する場合も、外国人はコストが安い居住を望むはずです。
使用料が安いマンスリーマンションなどを紹介すれば、外国人は喜ぶでしょう。

そして保証人やお世話役も、最初こそ少し手間がかかりますが、外国人が日本の生活に慣れれば、することはほとんどなくなります。

外国人がマンスリーマンションなどを利用すれば、日本人の生活に近づくことができるので気に入ってくれるはずです。
マンスリーマンションなどなら、外国人が自国の食材を買って「お国の料理」をつくって食べることもできます。
コスト面でも、利便性でも、快適性でも、マンスリーマンションなどは外国人向きの居住サービスといえるでしょう。

SUMMARY

まとめ~「住むことは意外に難しい」ことを知ってあげて

日本に企業に請われるような優秀な外国人は合理性を貴ぶので、マンスリーマンションなどの優れたシステムを高く評価してくれるはずです。
しかし、マンスリーマンションなどを利用することは、「日本人のように住む」こととほぼ同じです。

ホテルに泊まることと住むことはかなり違っていて、住むことのほうが断然難しいでしょう。
外国人を迎え入れる日本人は、そのことを十分理解したうえで、フォローしてあげてください。

福井マンスリードットコム

福井の家具家電付きウィークリーマンション・マンスリーマンション情報!マンスリー+ウィークリーでのご利用も可能です。福井出張・研修の経費削減に、法人様にも大好評!寮・社宅としても安心してご利用いただけます!家具家電付きで単身赴任にも便利です。観光に通院に様々な用途でご利用いただけます。

CONTACT US

物件に関するお問い合わせや法人契約等、
お気軽にリクエスト・お問い合わせください。

お問合せフォーム